呪われた町 映画

これで何度目でしょうか。スティーブンキングの小説「呪われた町」がまたまた映画化されるそうです。

何度も再映画化される作品てやっぱり内容がいいということでしょうね。

スティーブンキングが呪われた町を発表したのが1975年なので、もうかれこれ44年経つんですね。

過去には1979年に日本でも劇場公開された「死霊伝説」や、2004年ロブ・ロウ主演のテレビ映画「死霊伝説 セーラムズ・ロット」などがあります。

これだけ古いともはや古典小説といってもいいぐらいの作品ですね。

セイラムズ・ロットという田舎町で起きる多くの不審な事件の正体は吸血鬼の仕業だったというストーリーですが、今ではありきたりなホラーですね。

これが何度も映像化されるということはそれを映画監督が作りたいと思わせる魅力があるし、観る人をひきつける面白さがあるということなんでしょうね。